出生前診断

暗かった妊娠初期から明るい妊婦生活になる為に必要だった【出生前診断】

出生前診断は、赤ちゃんの病気の有無について調べることができます。最近は高齢出産により、赤ちゃんが先天性の疾患を持って生まれてくるリスクが高まっている中で、妊婦さんにとって非常に重要な診断となっています。しかし、副産物として結果に対して思い悩んでしまったり、究極の場合は命の選別をしてしまうという重要な問題もあります。ここでは実際に出生前診断をした方の生の声をお届けすることであなたの参考になれば幸いです。

受けた検査(複数可)と受診したきっかけ、そしてその検査で何を調べようとしたのか教えてください

高齢出産の為、染色体異常がないかを調べる為に羊水検査を受けました。
意見は色々あると思いますが、親の亡き後、産まれた子供の養育はどうするのか等を考え、そして何より、「命の選別」と言われますが、実際に育てていくのは「親」である私たちである為必要な選択だったと思います。
実際に検査を受けて、結果が出るまでは、不安や悩む事(そうは言ってももう胎動がある段階での検査なので)簡単に言い表せない感情で結果が出るのを待ちました。
結果を聞き、安心したのと同時に、何故かお腹の赤ちゃんに対して「疑ってしまいごめんね…流産の可能性がある検査を受けてしまって…ごめんね」という気持ちが込み上げてきたのも事実です。
検査はただ、安心したいからうけよーという簡単な物ではありませんでした。

検査結果が思わしくなかった場合、その後はどう行動するつもりだったのか、あるいは行動したのか教えてください

もしも、検査結果で陽性が出た場合は、中絶をするつもりでいました。
私たち夫婦は、実家も遠方で近くに頼れる親も親戚もいません。
最近は「障がい者に対して優遇されている支援」があるようですが、何かあってからでは遅いと思うし、簡単に「障がいがあっても 何があっても受け入れて最期まで育てれる」とは言える保証はどこにもないと思います。
なので、私たち夫婦は検査の前に、夫婦で話し合い、もし検査の結果で陽性が出た場合には、諦めたい。
とお互いの気持ちを確認してから受けました。
きっと価値観や考え方の違う夫婦同士だと、結果が出るまで…あるいは出た後にも揉めるほど重大な話し合いをすると思います。
答えに正解・不正解はないけれど、夫婦のお互いの考えを理解してお互いが納得できる話し合いが必要だと思いました。

検査前や検査後のあなたやパートナーの心の動きや会話など教えてください

検査前の私は、「妊娠した=嬉しい」だけではなかったです。
検査前の主人は、(本当の気持ちは本人にしかわかりませんが)妊娠という、男の人にはわからない、どんなトラブルがあるかもわからない。
どんな風に体の調子の変化があるのかもわからない状態の嫁を前に、仕事以外の時間全て、家の為、嫁の為に全力でフォローしてくれていました。
例えば、会社で帰りに食事に誘われても、「悪阻中の嫁が待ってるから。
」とすんなり断り、悪阻中でも飲めそう・食べれそうな物を沢山買ってきてくれたり、帰宅後に一通り家事を済ませてくれて、悪阻で寝たきりの私に「悪阻に効くツボがあるらしいよ!」と手や背中や足をマッサージしてくれたりしました。
検査をする事は妊娠する前から「もし妊娠したら検査をしたい」事は話していたので、検査の内容や結果が出たら…の話も焦らず時間がある中で出来ていたので、結果が出たら親族にも妊娠の報告をしよう。
と決めていたので検査を聞いた日に、親にも妊娠の報告をしました。
それからは安心して、育児グッズなど必要な出産準備ができるようになりました。

-出生前診断