出生前診断

私たちのかけがえのない赤ちゃんに無事に出会えるまでの軌跡と奇跡

出生前診断は、赤ちゃんの病気の有無について調べることができます。最近は高齢出産により、赤ちゃんが先天性の疾患を持って生まれてくるリスクが高まっている中で、妊婦さんにとって非常に重要な診断となっています。しかし、副産物として結果に対して思い悩んでしまったり、究極の場合は命の選別をしてしまうという重要な問題もあります。ここでは実際に出生前診断をした方の生の声をお届けすることであなたの参考になれば幸いです。

受けた検査(複数可)と受診したきっかけ、そしてその検査で何を調べようとしたのか教えてください

母体血清マーカー検査を受けました。
子どもが欲しいと思って妊娠をしたときにすでに高齢出産と言われる年齢でしたので、妊娠する前から受けようと思っていました。
結婚する前にしていた仕事で障害を持っている子どもたちと接する機会がありました。
その子どもたちと接しているうちに障がい者とはどういうことか、ということに考える時間が増えました。
彼らは他の健常の子どもたちとなんら変わりはありません。
ただ少し時間がかかったり出来ないことがあるだけです。
そうした関わりの中で自分が妊娠したときには産まれる前に知りたかったのでぜひとも検査は受けようと思いました。
その検査で染色体異常とダウン症の確率がどれぐらいであるのか調べようと思いました。

検査結果が思わしくなかった場合、その後はどう行動するつもりだったのか、あるいは行動したのか教えてください

検査結果で何か出ても生むつもりでした。
この検査をうけることによって最初から生むのかどうかを決めるものではありませんでした。
ただ検査を受けたのはわかったときに、先に調べていろいろ情報を集めて置きたかったからです。
もし我が子に障害があるとわかったら、インターネットを使って親の会を探します。
そこでブログなどを読んで子ども立ちそれぞれにどんな違いがあるのかを見ていきたいと思います。
どんな病気にかかりやすいのかなどの情報も知っておきたいです。
そして次に市役所でどんなサポートサービスがあるのかを調べます。
受けられるものはすべてやっていきたいと思います。
さらに先の話にはなりますが学校について調べると思います。
どこがどういう形で受け入れてるかはかなり重要です。

検査前や検査後のあなたやパートナーの心の動きや会話など教えてください

私は結婚も遅く妊娠できるかどうかもわかりませんでしたので、まずは妊娠できた。
ということに感謝をしました。
自分の子どもに会えることがとても嬉しくて待ち遠しかったです。
ですから生まれてくる子どもに障害があろうがなかろうが、私には関係ありませんでした。
どんな子どもでも受け入れて育てていく決心は妊娠がわかったときからついていました。
パートナーは初め、もし検査の結果がよくなかった場合は育てる自信がないと言っていました。
できればおろしてほしいと言われました。
しかし私の決心がかなり強いものであることがわかると賛成してくれるようになりました。
一緒に調べたりネットを見たりしてどうしたらいいかの話し合いができるようになったのでよかったです。

-出生前診断