出生前診断

出生前診断をしたことで、夫婦間の子供への思いを考えるきっかけに

出生前診断は、赤ちゃんの病気の有無について調べることができます。最近は高齢出産により、赤ちゃんが先天性の疾患を持って生まれてくるリスクが高まっている中で、妊婦さんにとって非常に重要な診断となっています。しかし、副産物として結果に対して思い悩んでしまったり、究極の場合は命の選別をしてしまうという重要な問題もあります。ここでは実際に出生前診断をした方の生の声をお届けすることであなたの参考になれば幸いです。

受けた検査(複数可)と受診したきっかけ、そしてその検査で何を調べようとしたのか教えてください

母体血清マーカー検査。
受信のきっかけは検診の時にこんなのもありますと説明を受けて、とりあえず安心して出産に臨みたいという思いがあり、検査を受けようと思いました。
結果が悪い方だったらどうしようという思いもありましたが、はじめての子だったことや、自分が子宮の病気を抱えての妊娠出産だったので、前もって知りたい、不安を取り除きたいという気持ちもあり、検査することにしました。
その検査でダウン症や先天性異常がないかわかるのなら、前もって知っておきたいという気持ちで検査をすることにしました。
主人にも検査があることを伝えると、前もって異常がないことを確認して安心して出産を迎えてほしいという思いから、検査をすることを了解してもらいました。

検査結果が思わしくなかった場合、その後はどう行動するつもりだったのか、あるいは行動したのか教えてください

最初は検査を受けて、特に異常がないことを見てもらった上で安心して出産に臨もうという思いで、検査を受けたのですが、結果を待っていた期間は、思わしくない結果が出るかもしれないと不安もありました。
もしも結果が思わしくなかったら、どうしようと考えた時に、たとえ何か異常があったとしても、私のお腹に宿った命だから、堕すことは絶対にしたくないと思い、その気持ちを主人にも話しました。
主人にもこの話をした時に、もし結果が良くなくても、私が堕さないということは私の性格からわかってるから、私の決断に任せるよと言ってくれたので、どんなことがあろうと産むという決断ができました。
検査を受けて、検査結果が良ければ安心して出産に臨めるし、もし思わしくない結果だったとしても、主人と話試合ができていたので産むつもりでした。

検査前や検査後のあなたやパートナーの心の動きや会話など教えてください

検査を受ける前は主人も何もないのを証明してもらって安心して出産に臨めるように検査を受けなよというかんじでした。
でも検査結果を待っている間は主人も不安だったようです。
もし結果が思わしくなかった時は、おろすのか、産むのか色々考えたようですが、私の性格を知ってる主人はきっとおろすことはしないだろうと考えたようで、産むなら、自分が支えていかなきゃいけないと思っていたようです。
結果が不安で夫婦で話をした時も、産むという決断は間違ってないし、自分たちのところに来てくれた大切ないのちだから、命をたつことなんて考えられないという気持ちにだんだん変化していったようです。
結果が出た後はホッとしているようでした。
やはり頭では分かっていても、我が子には健康でいてほしいという思いがあるので。
でも結果が良かったが、いろいろ考えたことで、この先も何があるか分からないから、この命を大切に守っていこうと思ったと言っていました。

-出生前診断